眼鏡越しの風景 EP9‐冬眠‐

年末から正月にかけお店のシャッターはおろされ、門松の絵が書かれた休業案内と共にしめ縄が飾られていた。
閑散とした街中に、お年玉で懐を温かくした子どもたちの軽やかな足音が響く。

幼い頃、私はこの時期におやつをストックする癖があった。
クリスマスにもらったチョコレート。
おやつの時間に出た小さな袋菓子。
友だちと交換したキャンディさえも。
お気に入りの箱を「冬眠ボックス」と名付け、せっせとストックに勤しむ。

それを学習机の足元へ大切にしまい、時々覗いては、溜まり具合にニンマリとした。元旦を過ぎると、更にこの行動は加速した。
世間はまだお店が開いてないというのに、私はこんなに豊富におやつを確保しているのよという、気持ちの余裕だ。

ある日、机の上に冬眠ボックスを置きっぱなしにしてしまった。
戻ってみると「大切な食料が減っているではないか!?」
乱暴に足音をドタドタ立て、2階からかけ降りる。
怒っている!という小さな抵抗だ。
「誰!誰が食べたのー!」と今にも泣き出しそうな声で癇癪を起こした。

犯人は、大掃除の合間にちょいと摘まんだだけの父だった。
「なぜそんなに私が怒っているのか」おそらく理解できなかっただろうけれど。
私の中では「この冬を越せるかどうか、生きるか死ぬかの小動物のストック行動」
はたまた「遊び呆けていたキリギリスに食料を掠め取られた蟻の気分」なのだ。

実際のところ、台所へ行けば食べ物はある。
お店が開いてないからといって、物理的に困ることなど何もないのだが。

今は年中、コンビニは開いているし、街は24時間眠らない。

今年もまた。
「冬眠ボックス」を少し開け、チョコレートの甘い香りに、心を踊らせていた 。

♪My Favorite Song
君は僕の宝物 槇原敬之

yukko

投稿者プロフィール

眼鏡と帽子がトレードマークのボーカル yukkoです。

バンド独自の洒落たアレンジで邦楽・洋楽カバーとオリジナル曲、
新開地音楽祭やラジオ出演等 神戸を拠点に活動中。

眼鏡越しの風景を、徒然なるままに…。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Language

ピックアップ記事

  1. 神戸市民球場

    2019-1-14

    【神戸の豆知識】プロ野球の会場としても使われた神戸市民球場、震災後仮設住宅として使われた後に解体された

    ※アイキャッチ画像引用:震災記録写真(大木本美通撮影) 神戸市民球場 1928年に昭和天皇の即位を記…
  2. 神戸市立諏訪山動物園

    2019-2-1

    【神戸の豆知識】ビーナスブリッジで有名な諏訪山公園に動物園があった!?

    ビーナスブリッジで有名な諏訪山公園に動物園があった!? 神戸市中央区の諏訪山公園は六甲山系山麓の高台…
  3. モザイク観覧車

    2019-1-12

    【神戸の豆知識】阪神淡路大震災により壊滅的な被害を受けたAOIAから移築されたモザイク大観覧車

    震災の被害で移築された大観覧車 デートを楽しむカップルや家族などで賑わっているモザイクにある大観覧車…
  4. いのちと平和の碑

    2019-2-3

    【神戸の豆知識】神戸で4箇所に模擬原爆が投下されていた!

    神戸で4箇所に模擬原爆が投下されていた! 大倉山公園には、神戸空襲を忘れない「いのちと平和の碑」が設…

情報提供

LINE@はじめました

KOBE Total Pressチャンネル

ページ上部へ戻る