【神戸の豆知識】地図に残る巨大土木事業「山、海へ行く」街の中にベルトコンベヤがあった

ベルトコンベヤ跡

地図に残る巨大土木事業「山、海へ行く」街の中にベルトコンベヤがあった

ポートアイランドや神戸空港、六甲アイランドを埋め立てるための土砂は、名谷山や横尾山、高倉山などをけずり、須磨ベルトコンベヤで海岸まで運ばれ、その後、船で埋め立て地まで運ばれたという。

ベルトコンベヤの歴史

昭和39年(1964年)1月16日にベルトコンベヤは稼動を始めた。設置当初の長さはわずか1.4kmだったが、工事が進むにつれどんどん北へと延長されていき、14.5kmもの一大コンベヤとなったという。
平成17年(2005年)9月12日までの約41年間で運搬した土は5億7千万トンにおよぶ。

ベルトコンベヤ跡
ベルトコンベヤ跡

地図に残るベルトコンベヤ跡

須磨一の谷グリーンハイツ看板
須磨一の谷グリーンハイツ看板

須磨一の谷グリーンハイツの看板には今もなお、ベルトコンベアーと記載されており、この看板を元に通っていた場所を巡るのも一つの楽しみではないでしょうか

鉄拐山トンネル近くにある当時の現場事務所跡

鉄拐山トンネル近くの現場事務所跡
鉄拐山トンネル近くの現場事務所跡

鉄拐山トンネル近く東側に少し行ったところ、当時はこの場所にベルトコンベヤの現場事務所があったのだという。

当時の柱の土台が残る名谷

ベルトコンベアの土台跡
ベルトコンベアの土台跡
ベルトコンベアの土台跡
ベルトコンベアの土台跡

名谷駅から程近い須磨消防署北須磨出張所から名谷団地方面を見ると線路内にコンクリートの土台が残っている。
名谷団地に長年住む住民の話では、ここをベルトコンベヤが線路を越えて団地の間を通っていたという。
地図を見ると48号棟や49号棟が他の建物と違い斜めに建てられているのがわかる。

神戸大学医学部保健学科の地下に残るベルトコンベヤのトンネル

今回取材できなかったが、神戸大学名谷キャンパスの地下には、幅6.3m、長さ250mの地下トンネルが、医学部保健学科のグランド地下を今も縦断しているという。

神戸のニュータウン建設はこのベルトコンベヤなくしては語ることができない。名谷キャンパス地下のトンネルは神戸の歴史上非常に重要なトンネルと後世に語り継がれるだろう。

株式会社トータルリンク代表取締役

投稿者プロフィール

トータルリンクは、ネットワークに対する新しい価値創造、そのノウハウと施工を求められている姫路市、神戸市、大阪市のお客様を中心にビジネスホンを初めとし様々な情報ネットワーク構築の提供と、安心されるアフターフォローや、活用に関するノウハウもお伝えし、オフィス のトータルソリューションを提供することこそがトータルリンクの役割だと信じ活動しております。
運営サイト
大阪・神戸・姫路を中心に電話機、ビジネスホン、ナースコールの販売、保守、工事をしているトータルリンク
株式会社トータルリンクの「PC-Safeアドバイザー」は兵庫県神戸市近郊の企業ネットワーク、社内LANの構築・運用・保守をさせて頂きます。
クリニック・診療所の 窓口業務の負担を減らすトータルソリューションを提供します。
日本のすべての中小企業へ「安心」「安全」「快適」な情報通信社会の実現を目指します。
ビジネスホン、トラブル対応、電話工事、LAN工事、移転・引越しにともなう通信設備工事のビジネスホン.Link

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Language

ピックアップ記事

  1. いのちと平和の碑

    2019-2-3

    【神戸の豆知識】神戸で4箇所に模擬原爆が投下されていた!

    神戸で4箇所に模擬原爆が投下されていた! 大倉山公園には、神戸空襲を忘れない「いのちと平和の碑」が設…
  2. 自衛隊通信中継施設

    2019-1-25

    【神戸の豆知識】六甲山の山頂はアメリカの軍事施設だった波瀾万丈の歴史

    六甲山の山頂はアメリカの軍事施設だった波瀾万丈の歴史 六甲山の山頂には、戦後から1992年に返還され…
  3. 2020-3-19

    人気声優、神谷明さんの声で火災予防の啓発

    人気声優、神谷明さんの声で火災予防の啓発 株式会社フジテレビジョン(以下「フジテレビ」)が作成する動…
  4. 洋館を改装したカフェでスパイシーな料理を味わえる「ボナルーカフェ」

    2020-2-14

    洋館を改装したカフェでスパイシーな料理を味わえる「ボナルーカフェ」

    洋館を改装したカフェでスパイシーな料理を味わえる「ボナルーカフェ」 山陽須磨駅、JR須磨駅から歩いて…

情報提供

LINE@はじめました

KOBE Total Pressチャンネル

ページ上部へ戻る