【神戸の豆知識】神戸で4箇所に模擬原爆が投下されていた!

いのちと平和の碑

神戸で4箇所に模擬原爆が投下されていた!

大倉山公園には、神戸空襲を忘れない「いのちと平和の碑」が設置されているが、そこに模擬原爆の記載があり気になって調べてみた。

模擬原爆は、昭和20年(1945年)日本各地に目標を設定して模擬原爆の投下作戦は実施しされたという。

いのちと平和の碑アップ
いのちと平和の碑アップ

模擬原爆とは

正式名称は「1万ポンド軽筒爆弾」。「ファットマン」とほぼ同一の形状を有し、重量もファットマンとほぼ同一になるよう調整された模擬原爆で構造分類上での通常型爆弾のコードネームである。マンハッタン計画に携わる、ロスアラモス研究所の科学者と兵士によって命名された。
この爆弾は原爆投下に備えた爆撃機乗員訓練のためと、今までに例のない特殊な形状をしたファットマンが爆撃機(原爆搭載可能なように特別に改修したB-29)から投下され爆発するまでの弾道特性・慣性能率等の様々な事前データ採取のためにいわば「模擬原爆」として製作された。

ウィキペディア(Wikipedia)

「ファットマン」は、1945年8月9日に実戦使用されており、長崎市で投下された原子爆弾である。

模擬原爆が投下されたのは合計49発

模擬原爆が投下されたのは、大阪、神戸、東京など全国30都市で、合計49発が落とされたという。

コソ泥式空巣戦法

高度の高い位置を1機で飛ぶB-29を当時の「コソ泥式空巣戦法」などとも呼ばれ、不意打ちを狙った攻撃だと新聞などで報じられていたという。

当時の日本にとって、この1機だけで飛ぶB-29の姿がまさか原爆の投下訓練の為に行われていたとは到底想像もつかなかったのでないでしょうか。
また、この訓練は日本人に高度の高い位置を1機で飛ぶB-29の姿を見慣れさせ怪しまれないようにするという目的もあったという。

神戸で投下されたのは4箇所

1945年7月24日には神戸市内の軍需工場などの下記の4か所が目標とされた。
・山陽電鉄東須磨駅北
・川崎車両機関車組立工場
・三菱重工神戸造船所
・神戸製鋼所

参考・参照サイト(文書)

尼崎市地域研究史料館公式ブログ

模擬原爆:原爆を落とす訓練のためだけに一般人に落..

日本に投下された49個の模擬原爆

株式会社トータルリンク代表取締役

投稿者プロフィール

トータルリンクは、ネットワークに対する新しい価値創造、そのノウハウと施工を求められている姫路市、神戸市、大阪市のお客様を中心にビジネスホンを初めとし様々な情報ネットワーク構築の提供と、安心されるアフターフォローや、活用に関するノウハウもお伝えし、オフィス のトータルソリューションを提供することこそがトータルリンクの役割だと信じ活動しております。
運営サイト
大阪・神戸・姫路を中心に電話機、ビジネスホン、ナースコールの販売、保守、工事をしているトータルリンク
株式会社トータルリンクの「PC-Safeアドバイザー」は兵庫県神戸市近郊の企業ネットワーク、社内LANの構築・運用・保守をさせて頂きます。
クリニック・診療所の 窓口業務の負担を減らすトータルソリューションを提供します。
日本のすべての中小企業へ「安心」「安全」「快適」な情報通信社会の実現を目指します。
ビジネスホン、トラブル対応、電話工事、LAN工事、移転・引越しにともなう通信設備工事のビジネスホン.Link

この著者の最新の記事

関連記事

Language

ピックアップ記事

  1. 布引ハーブ園

    2019-4-2

    山桜が見ごろ「山桜カフェ2019」が開催される

    山桜が見ごろ「山桜カフェ2019」が開催される 神戸布引ハーブ園/ロープウェイでは、神戸の街並みとと…
  2. マカマカダミアバタートースト

    2019-2-14

    神戸の中心地でハワイを感じられる「ハワイアンカフェ マカマカ」

    神戸の中心地でハワイを感じられる「ハワイアンカフェ マカマカ」 元町駅から徒歩5分ほど、ビルの2階に…
  3. モザイク観覧車

    2019-1-12

    【神戸の豆知識】阪神淡路大震災により壊滅的な被害を受けたAOIAから移築されたモザイク大観覧車

    震災の被害で移築された大観覧車 デートを楽しむカップルや家族などで賑わっているモザイクにある大観覧車…
  4. フォレストアドベンチャー・神戸六甲山

    2019-2-27

    空中散歩を六甲山で!新レジャー施設誕生! フォレストアドベンチャー・神戸六甲山

    フォレストアドベンチャー・神戸六甲山 4月13日(土)新登場! 六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社…

情報提供

LINE@はじめました

KOBE Total Pressチャンネル

ページ上部へ戻る