カテゴリー:特設コーナー

  • 眼鏡越しの風景EP73-表情-

    所用で県外へ遠出することがあると、なるべくその前後に近隣の観光地を訪れることにしている。普段の旅行とは違い、そういう時はあえて観光地のど真ん中、徒歩圏内に泊まってみる。観光に疲れたら、一旦ホテルに帰って小休憩を取ったり。…
  • 眼鏡越しの風景EP72-人波-

    大阪の地下街は、地下鉄の乗降客や3つもある百貨店への買い物客など多くの人で今日もごった返している。私がその雑踏の一員になって、かれこれ12年。いつものように地下街を横切っていると、何本かある大きな柱にピタリと背中を付け佇…
  • 眼鏡越しの風景EP71-長靴-

    梅雨時期になると、母から初めて買ってもらった長靴のことを思い出す。 私が当時通っていた保育園は、住んでいた高台の団地から長い長い坂を下った先にありました。雨が降ろうものなら、雨水も一緒に坂を下り、ちょっとした小川のように…
  • 眼鏡越しの風景EP70-背中-

    ここ2年遠出していなかった両親を連れ、日帰りで有馬温泉へ出かけることにした。人混みを避け、平日に行くことを決めたものの、なかなか私の休みが取れず、この日帰り旅行が“母の日”と“父の日”のプレゼントとなった。 当日は現地…
  • 眼鏡越しの風景EP69-花畑-

    全開の窓の向こう、目線の先には薄紫色一面のレンゲ畑。運転する父に、前座席の間から顔を覗かせ、「ホラ!ホラっ!」と窓の向こうを指さして興奮気味に言う。 「車、停めて~!」 「あぁ…通り過ぎちゃった」 後部座席で私が足をバタ…
  • 眼鏡越しの風景EP68-無二-

    子供の頃、「みんな持ってるから、買って~!」と言うと、 母は決まって「よそはよそ、うちはうち」と、私の要望を却下する。 毎回撃沈するとわかっていても、万が一を期待して凝りもせずにその後もおねだりしていた。 当時、小学校…
  • 眼鏡越しの風景EP67-植物-

    桜は今が満開。それが終わるとそろそろ若葉の季節がやってくる。庭先やベランダで植物を大切に育てている人を見かけると、季節を紡ぎ丁寧な暮らし方をしていると憧れる。私も常々、お家をいろんな植物でいっぱいにしたいと思っているのだ…
  • Mop27:本を読む理由

    なんだか 理屈っぽいタイトルですが そうではなくて この歳になって はじめて気付いた とても単純な 本当の付き合い方のこと。 私は 今年になって 小説をとても読んでいます。 実際には存在しないであろう 他の誰かの心を覗…
  • 眼鏡越しの風景EP66-先輩-

    会社のデスクを開けると、引き出しの中の配置は新入社員の頃からほとんど変っていない。前職で出会った5つ上のデキる先輩の教えを今も忠実に守っているからだ。先輩は、どんな時も慌てることなく冷静、後輩の指導も口うるさく細かいこと…
  • 眼鏡越しの風景EP65-春風-

    3月。年度末近くになると、1年間がんばった自分への労いを兼ね、平日に近場で「おひとり時間」を楽しむ。私を、私が、おもてなしするという贅沢な1日は『おひとりさまデート』と名付けた春先の恒例行事だ。気になっていたお店や、最近…

Language

KOBE Total Pressチャンネル

ピックアップ記事

  1. 神戸地どり屋

    2018-11-29

    JR神戸駅から徒歩2分で焼き鳥の美味しいお店「神戸地どり屋」に行ってみた

    JR神戸駅の北側で徒歩2分で行けるコスパ最高の焼き鳥屋さん神戸地どり屋に行ってみた。 大将の人柄がよ…
  2. 神戸牛

    2019-1-9

    【神戸の豆知識】神戸牛っていう牛は居ない!!

    神戸牛の特徴 神戸の人ならみんなが知っていると言ってもいい神戸牛はサシ(脂肪)が筋肉の中に細かく入り…
  3. 洋館を改装したカフェでスパイシーな料理を味わえる「ボナルーカフェ」

    2020-2-14

    洋館を改装したカフェでスパイシーな料理を味わえる「ボナルーカフェ」

    洋館を改装したカフェでスパイシーな料理を味わえる「ボナルーカフェ」 山陽須磨駅、JR須磨駅から歩いて…
  4. 2019-9-28

    眼鏡越しの風景 EP1‐秋隣‐

    夏休みも終わり、通学路に子どもたちの笑い声が戻る。 今年の夏も暑かったなぁと、毎年そんなことを言って…
  5. 2019-10-10

    Mop4:うしがたに

    5歳の息子は、まだ舌足らずなところがあります。 「うしがたに」というのは公園の名前で、正式名称は「…

情報提供

LINE@はじめました

ページ上部へ戻る