カテゴリー:特設コーナー

  • 眼鏡越しの風景 EP14 -杵柄-

    寒い季節、自転車に乗る時はいつも手袋をつけている。 鶯色の革手袋や、英国ウールの手編み手袋の日もあるが、その洒落た手袋たちは、時々出掛けに玄関先に忘れられてしまう。 そんな精鋭たちの後ろに控えるは、終日外気吹きさらす、…
  • 眼鏡越しの風景 EP13 -盛装-

    「眼鏡と帽子」が私のトレードマーク。 帽子好きのルーツは、母方の祖父にある。 私が思い出す祖父は、繊細かつ寡黙。若い頃の怪我がもとで片手が不自由だったが、手先がとても器用で、釣りの仕掛けを作ったり、晩年は細やかなタッチ…
  • 眼鏡越しの風景 EP12‐習慣‐

    [白ごはんを守る会:会員番号1] ごはんが大好きな私。 人にはあまり話していない自分ルールがある。 食事の始まりから、終わりまで、白いごはんを守るという自分の中の鉄の掟だっ。 子供の頃、大好きだったふりかけも 大人に…
  • 眼鏡越しの風景 EP11‐初恋‐

    2月に入ると、街は赤やピンクに彩られ、 チョコレートの香り漂うバレンタインの季節が到来する。 バレンタインデーと言えば、 甘い告白でも、待ち伏せのドキドキでもなく 思い出されるはこの出来事。 内心、この甘いイベントに…
  • Mop10:にせもの

    「にせもの」というと、マイナスなイメージがあります。 人間関係でいうそれは特に。 社交辞令の笑顔や優しさを繕った言葉が、私は嫌い。 何か不自然なにおいのする人を、極端に苦手としてしまいます。 だけど、 最近思うこ…
  • 眼鏡越しの風景 EP10‐孤独‐

    十数年前の金曜、終電近い山手線は飲み会帰りの人たちでごった返していた。 私は東京の街を肩を落としながら歩いていた。 神戸から上京した私は「この服でよかったのか」と大きな鞄の中身を思い出しながら、 最新のファッションに身を…
  • Mop9:bijin

    昨年よりこのコラムをお読み頂いていらっしゃる方。 こちらで初めましての方。 明けましておめでとうございます 今年、2020年もどうぞ宜しくお願いいたします 昨年末は、自身の初めての単独ライブでした。 お蔭様でとても楽し…
  • Mop8:理想の美

    ある日、1冊の本を読んでいたら、 「音楽の基礎=静寂の美との対決から始まる」とあった。 それは、とても昔の本だ。 その頃の日本は、そんなに静寂だったのか。 その静寂を美しいとする感覚が、その頃の人々の中で存在していたの…
  • 眼鏡越しの風景 EP9‐冬眠‐

    年末から正月にかけお店のシャッターはおろされ、門松の絵が書かれた休業案内と共にしめ縄が飾られていた。 閑散とした街中に、お年玉で懐を温かくした子どもたちの軽やかな足音が響く。 幼い頃、私はこの時期におやつをストックする…
  • 眼鏡越しの風景 EP8‐攻防‐

    子どもの頃、お正月明けの話題はお年玉についてだった。 父方の親戚は遠く、毎年出向く先は母方の祖父母と両親のみ。 風来坊の叔父や多忙な叔母は、元旦に居たり居なかったりした。 しかし、この2人は会えなかった分も上乗せしてく…

Language

KOBE Total Pressチャンネル

ピックアップ記事

  1. ビーナスブリッジ

    2019-1-30

    【神戸の豆知識】ビーナスブリッジの名前の由来「金星台」で観測された天体現象は次回2117年まで見る事ができない!

    ビーナスブリッジの名前の由来「金星台」で観測された天体現象は次回2117年まで見る事ができない! 金…
  2. モザイクガーデン観覧車

    2020-4-2

    「BE KOBE」モニュメントとモザイク大観覧車がイタリア国旗カラー

    「BE KOBE」モニュメントとモザイク大観覧車がイタリア国旗カラー 神戸市は、新型コロナウイルスの…
  3. 旧和田岬灯台

    2019-2-5

    【神戸の豆知識】日本初の水族館は赤灯台の側にあった?!

    日本初の水族館は赤灯台の側にあった?! 神戸市立須磨海浜水族園近くにある赤灯台(旧和田岬灯台)はご存…
  4. ベルトコンベヤ跡

    2019-2-21

    【神戸の豆知識】地図に残る巨大土木事業「山、海へ行く」街の中にベルトコンベヤがあった

    地図に残る巨大土木事業「山、海へ行く」街の中にベルトコンベヤがあった ポートアイランドや神戸空港、六…
  5. 神戸市立諏訪山動物園

    2019-2-1

    【神戸の豆知識】ビーナスブリッジで有名な諏訪山公園に動物園があった!?

    ビーナスブリッジで有名な諏訪山公園に動物園があった!? 神戸市中央区の諏訪山公園は六甲山系山麓の高台…

情報提供

LINE@はじめました

ページ上部へ戻る