スーパーコンピュータ「京」見学会が実施される。

スーパーコンピューター京

スーパーコンピュータ「京」見学会が実施される。

神戸ポートアイランドには世界最高水準の演算性能を有するスーパーコンピュータ「京」(平成24年9月共用開始)が立地しており、最先端のシミュレーション技術を活用した学術研究や製品開発が進められています。
このたび、スーパーコンピュータやシミュレーションがどのように活用され、今後私たちの暮らしにどのような変化をもたらすか等について、わかりやすく解説する一般向けのセミナーとスーパーコンピュータ「京」等の見学会を開催する。多数の皆さまのご参加をお待ちしているという。

日時

令和元年7月21日(日曜)
見学会:12時30分から14時
講演会:14時15分から16時20分(受付開始13時45分から)

場所

神戸大学 先端融合研究環 統合研究拠点コンベンションホール
(住所:神戸市中央区港島南町7丁目1番48)
[アクセス]ポートライナー「京コンピュータ前」駅下車、南へすぐ
※会場までは公共交通機関をご利用ください。

プログラム【見学会】

12時30分から14時 自由見学
(スーパーコンピュータ「京」、分散コンピュータ博物館、企業製品展示、他)

プログラム【講演会】

14時15分から14時35分 講演1
日本のスーパーコンピュータの歩み
~神戸から始まった「高性能」計算~
高度情報科学技術研究機構 サイエンスアドバイザー
東京大学 名誉教授 小柳義夫
14時35分から15時05分 講演2
昆虫の脳をコンピュータにつくる
~ファーブル昆虫記のなぞの解明から新しいモノづくりへ~
東京大学先端科学技術研究センター 所長 神崎亮平
15時05分から15時20分
~ 休憩 ~
15時20分から15時50分 講演3
シミュレーションによる先進の道路サービスへ
~神戸をつなぐ,世界とつながる~
阪神高速道路株式会社 神戸建設部長
神戸大学 客員教授 金治英貞
15時50分から16時20分 講演4
スーパーコンピュータ京がもたらすタイヤ用ゴム材料のイノベーション
~真っ黒なゴムの内部をシミュレーションして
ブラックボックスを明らかにする~
住友ゴム工業株式会社 技監 中瀬古広三郎

定員

350名(先着順) ※要事前申込

参加費

無料

参加申込

(1)Webでの申込み:下記URLの申込ページよりお申し込みください。
https://www.supakon.org
(2)E-mailまたはFaxでの申し込み:下記の事項を記載の上、送信をお願いします。
【申込時の記入事項】
(1)代表者氏名(フリガナ)、(2)ご連絡先(電話、E-mail)、(3)自由見学の参加希望人数(1グループ10名まで)、(4)講演会の参加希望人数(1グループ10名まで)
【申込先】
スパコンセミナー受付担当
・FAX番号 078-261-2361
・E-mail   seminar【at】supakon.org
※送信時には【at】を@に変換してください

神戸産活ヒーローメリケンジャーヒーロー

投稿者プロフィール

神戸産活ヒーローメリケンジャー

目的

1.メリケンジャーは、神戸の産業を活生化に貢献する

2.国内外の観光客の誘導に貢献する

3.神戸の活気、神戸の楽しさを国内外に伝える

4.神戸の起業家に必要な情報発信を行う

5.新しい価値創造と新しい暮らしを創造する

6.身近なローカルヒーローとして子供達とふれあう

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Language

ピックアップ記事

  1. 2019-10-10

    Mop4:うしがたに

    5歳の息子は、まだ舌足らずなところがあります。 「うしがたに」というのは公園の名前で、正式名称は「…
  2. 2019-3-7

    【神戸の豆知識】「3月17日神戸空襲」B29は一機も落ちない中B29に体当たりして墜落させたパイロットがいた

    「3月17日神戸空襲」B29は一機も落ちない中B29に体当たりして墜落させたパイロットがいた 神戸三…
  3. 神戸市立諏訪山動物園

    2019-2-1

    【神戸の豆知識】ビーナスブリッジで有名な諏訪山公園に動物園があった!?

    ビーナスブリッジで有名な諏訪山公園に動物園があった!? 神戸市中央区の諏訪山公園は六甲山系山麓の高台…
  4. ポートタワー

    2019-1-15

    【神戸の豆知識】神戸に2つのタワーが存在していた!

    大正時代に神戸市の湊川公園に建てられた展望塔「神戸タワー」 神戸タワーは大正13年(1924年)に湊…

情報提供

LINE@はじめました

KOBE Total Pressチャンネル

ページ上部へ戻る