【神戸の豆知識】神戸牛っていう牛は居ない!!

神戸牛

神戸牛の特徴

神戸の人ならみんなが知っていると言ってもいい神戸牛はサシ(脂肪)が筋肉の中に細かく入り、これが筋繊維と交雑して「霜降り」となっている。神戸牛のサシは他の和牛と比べ、人肌で溶けるほど融点が低く、あっさりとして胃もたれしにくいとう。

見事な霜降は血統

見事な霜降は血統によって生み出されていらしい。だから今も血統の純潔性を大事に守り続けられ、芸術とも言える「霜降り」はこの血統で生み出されているという。

肉の味は餌で決まる

但馬地方はよい草と変化に富む牧草に恵まれ、水は硬水でラジウムが多く、山草には肉牛が育つのに必要な薬草が含まれいるという。
動物質性飼料などは一切使わず、いい水と大麦やふすまなど自然のものを成長の段階にに合わせて与える。熟練した農家だからこその細心の心配りと経験を生かして育て上げられるという。
参考:神戸元町辰屋

神戸牛の希少性

神戸牛として、認められる牛は、年間で約3,000頭で、日本全国で食べられる牛肉全体のわずか0.06%くらいしかないという。
しかも、牛を神戸牛として育て上げるのに、約2年半かけて飼育する必要があり、飼料も一頭ずつ手作業で管理し、美味しい神戸ビーフとして育てる必要がある。
しかしながら、大切に飼育されたからと言って、必ず神戸牛として認められるわけではなく、神戸牛の希少性はかなり高いといえる。
参考:【日本全国‼】極上ブランド牛肉の種類や特徴

“生きている” 神戸牛はいない

神戸牛(正式名称は”神戸肉”or”神戸ビーフ”)は出荷の際に神戸肉流通推進協議会がその生育環境、血統、肉質などにおいて厳しい基準を満たした但馬牛に与える名誉ある称号だという。日本三代和牛の中でも、一番厳しい審査基準をクリアした但馬牛が、神戸牛として名乗ることができるのという。
参考:神戸牛観光倶楽部

株式会社トータルリンク代表取締役

投稿者プロフィール

トータルリンクは、ネットワークに対する新しい価値創造、そのノウハウと施工を求められている姫路市、神戸市、大阪市のお客様を中心にビジネスホンを初めとし様々な情報ネットワーク構築の提供と、安心されるアフターフォローや、活用に関するノウハウもお伝えし、オフィス のトータルソリューションを提供することこそがトータルリンクの役割だと信じ活動しております。
運営サイト
大阪・神戸・姫路を中心に電話機、ビジネスホン、ナースコールの販売、保守、工事をしているトータルリンク
株式会社トータルリンクの「PC-Safeアドバイザー」は兵庫県神戸市近郊の企業ネットワーク、社内LANの構築・運用・保守をさせて頂きます。
クリニック・診療所の 窓口業務の負担を減らすトータルソリューションを提供します。
日本のすべての中小企業へ「安心」「安全」「快適」な情報通信社会の実現を目指します。
ビジネスホン、トラブル対応、電話工事、LAN工事、移転・引越しにともなう通信設備工事のビジネスホン.Link

この著者の最新の記事

関連記事

Language

ピックアップ記事

  1. 大蔵海岸ハートフルイルミネーション

    2019-1-8

    3連休でラスト「大蔵海岸ハートフルイルミネーション2018」

    大蔵海岸ハートフルイルミネーション2018開催中 明石市の大蔵海岸では、約52,000球の電球を使っ…
  2. 浜焼きホタテの旨味や磯の風味

    2019-2-7

    「ほぼカニ」等で話題の“ほぼ”シリーズ新商品「大粒ほぼホタテ 浜焼き風」3/1より全国発売

    「ほぼカニ」等で話題の“ほぼ”シリーズ新商品「大粒ほぼホタテ 浜焼き風」3/1より全国発売 「ほぼカ…
  3. ピラニア水槽のお掃除体験

    2019-2-4

    須磨海浜水族園で「ピラニア水槽のお掃除体験」の参加者を募集している

    須磨海浜水族園で「ピラニア水槽のお掃除体験」の参加者を募集している 須磨海浜水族園のピラニア水槽では…
  4. 2018-12-12

    神戸市水道局の大容量送水管・立坑見学が見れる!イベント予約受付中!

    神戸市水道局震災イベント参加者募集中 阪神・淡路大震災から24年が経過し、震災を経験していない市民の…

情報提供

LINE@はじめました

KOBE Total Pressチャンネル

運営グループ

 
神戸市いいね~
公開グループ · メンバー2,058人
グループに参加
このグループの方針 「神戸市いいね~」は、神戸市を愛する方なら誰でも入れる公開グループとして運営しているグループです。 神戸市民、神戸好き、元神戸市民、いつかは神戸市民、日中神戸市民が「いいね!」といえる情報等をメンバーなら誰でも投稿できるので、是非投稿して下さい。 写真には町名や店名、場所が分かる...
 
ページ上部へ戻る