ノエビアスタジアム神戸が 「完全キャッシュレス化」に取組むらしい

完全キャッシュレス化

[Jクラブ 本拠スタジアム初]

楽天ヴィッセル神戸株式会社は、ノエビアスタジアム神戸で開催されるヴィッセル神戸の主催試合において、Jクラブの本拠スタジアムとしては初めて、チケット、飲食、グッズなどスタジアム全店舗におけるキャッシュレス化(非現金化)に取り組むらしい。

「完全キャッシュレス化」によりなにが変わる?

チケットや飲食、グッズなどスタジアム内において購入できるものは、現金決済に代わり、原則すべて、「楽天ペイ(アプリ決済)」、「楽天Edy(電子マネー)」、「楽天カード」およびMastercard・American Express・Visa・JCBブランドの各種クレジットカード、「楽天銀行デビットカード(JCB/Visa)」を含む各種ブランドデビットカードでの決済となり、また、お得さと便利さを楽しみながら体感いただけるような施策やキャンペーンも実施されるという。

「完全キャッシュレス化」概要

■対象:2019年 ヴィッセル神戸が主催する全試合
■内容:スタジアムにおける、チケットや飲食物など、すべての購入が、現金の授受を必要としないキャッシュレス(非現金)決済となります。
■決済方法:
・「楽天ペイ(アプリ決済)」
・「楽天Edy(電子マネー)」
・「楽天カード」およびMastercard・American Express・Visa・JCBブランドの各種クレジットカード
・「楽天銀行デビットカード(JCB/Visa)」を含む各種ブランドデビットカード

キャンペーンについて

ヴィッセル神戸デザインのEdyカードを販売やEdyカードのプレゼントなどオリジナルデザインのカードと言うことでファンにとってはうれしいキャンペーンとなっている。
また、楽天ペイでは、ビール・ソフトドリンク100円OFFやグッズ購入で10%ポイントバックも実施されるという。

関連サイト

ヴィッセル神戸キャンペーンページ

キャッシュレス化の現状

ソフトバンクとヤフーのスマートフォン決済サービス「PayPay」が行った100億円還元キャンペーンが最近話題になりましたが、利用者を獲得しようと各社がお得なキャンペーンを次々と実施している。
LINE Payは購入額の20%を還元するキャンペーンを実施したり、ドコモのスマホ決済d払いでは買い物をするとdポイント5倍~20倍など消費者向けのキャンペーンを実施する一方で、小売店側にもAmazon Payが手数料0%のキャンペーンを実施するなど、各社がしのぎを削り合っている状態だが、今だ日本のキャッシュレス比率が先進国の中でも低いといわれている。
一般社団法人日本キャッシュレス化協会

株式会社トータルリンク代表取締役

投稿者プロフィール

トータルリンクは、ネットワークに対する新しい価値創造、そのノウハウと施工を求められている姫路市、神戸市、大阪市のお客様を中心にビジネスホンを初めとし様々な情報ネットワーク構築の提供と、安心されるアフターフォローや、活用に関するノウハウもお伝えし、オフィス のトータルソリューションを提供することこそがトータルリンクの役割だと信じ活動しております。
運営サイト
大阪・神戸・姫路を中心に電話機、ビジネスホン、ナースコールの販売、保守、工事をしているトータルリンク
株式会社トータルリンクの「PC-Safeアドバイザー」は兵庫県神戸市近郊の企業ネットワーク、社内LANの構築・運用・保守をさせて頂きます。
クリニック・診療所の 窓口業務の負担を減らすトータルソリューションを提供します。
日本のすべての中小企業へ「安心」「安全」「快適」な情報通信社会の実現を目指します。
ビジネスホン、トラブル対応、電話工事、LAN工事、移転・引越しにともなう通信設備工事のビジネスホン.Link

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Language

ピックアップ記事

  1. ビーナスブリッジ

    2019-1-30

    【神戸の豆知識】ビーナスブリッジの名前の由来「金星台」で観測された天体現象は次回2117年まで見る事ができない!

    ビーナスブリッジの名前の由来「金星台」で観測された天体現象は次回2117年まで見る事ができない! 金…
  2. いのちと平和の碑

    2019-2-3

    【神戸の豆知識】神戸で4箇所に模擬原爆が投下されていた!

    神戸で4箇所に模擬原爆が投下されていた! 大倉山公園には、神戸空襲を忘れない「いのちと平和の碑」が設…
  3. 自衛隊通信中継施設

    2019-1-25

    【神戸の豆知識】六甲山の山頂はアメリカの軍事施設だった波瀾万丈の歴史

    六甲山の山頂はアメリカの軍事施設だった波瀾万丈の歴史 六甲山の山頂には、戦後から1992年に返還され…
  4. 2019-11-13

    Mop7:しりとり

    私は、子供の頃から日記をつけています。 幼い日の夜、 眠いながらに書くそれは、これでもか!というく…

情報提供

LINE@はじめました

KOBE Total Pressチャンネル

ページ上部へ戻る