「柴田音吉洋服店」「鮨いずも」など実名で登場

神戸ジャズ

「柴田音吉洋服店」「鮨いずも」など実名で登場

松宮宏著書の神戸のネタ満載の小説「アンフォゲッタブル。はじまりの街・神戸で生まれる絆」について久元喜造市長が自身のブログで紹介した。
ブログで紹介した全文は次の通りである。


松宮宏さんの今回の作品も、神戸が舞台です。
主人公は、ずばり、ジャズ。
そしてジャズの名曲たちです。
私は、音楽はどちらかというとクラシックの方が好きで、ジャズは深夜にビル・エバンスなどをときどき聴く程度ですが、改めて神戸が発祥の地であるジャズの世界に分け入っていきたいと思いました。
登場人物は、川崎造船所を退職した元潜水艦のエンジニアをはじめ、みんな何らかの形でジャズに関わっています。
現実の世界で活躍中のジャズミュージシャン、広瀬未来さん、高橋知道さんが実名で登場します。
そして、神戸近郊の中学生・高校生が参加するジャズ・ユース・オーケストラは、ストーリーの中で重要な役割を果たすのです。
市長も、ついでにほんの少しだけ顔を出します。
多くの企業、大学、商店街、行政機関、そして老舗テーラー「柴田音吉洋服店」、楠町の老舗寿司店「鮨いずも」などのお店も、実名で登場します。
ジャズが多くの人々を結び、つなぎ、絆をつくっていきます。
そして、つながりを深めていくのです。
試行錯誤や挫折、行きつ戻りつを重ねながら、登場人物たちは、神戸の街を舞台に互いにつながることによって、未来への力を手にしていきます。
定年退職後、自分で周りに壁をつくり、トラブルも絶えなかった元潜水艦エンジニアは、もう一度好きだったジャズの世界を再発見することによって、若者たちに大きなプレゼントを贈ることになります。
そして、先だった妻への愛情を胸に、人生の終焉を迎えます。
終活のエピソードが関わることによって、物語は一層の深みを増すことになったように感じました。
ラストシーンでは、ビル・エバンスの《ワルツ・フォー・デビー》が奏でられます。


久元 喜造ブログ

「アンフォゲッタブル。はじまりの街・神戸で生まれる絆」

2019年4月5日「アンフォゲッタブル〜はじまりの街・神戸で生まれる絆」発売

コーヒー、紳士服、ソースなど、日本で最初に販売・製造されたものの多い街・神戸。
日本初の潜水艦を造った会社で、設計士を勤め上げた男とその妻。
ミュージシャンを目指しながら保険外交員をする女性。
怪しげな仕事をする元不良たち。
様々な環境の人たちが、日本で最初にジャズバンドが生まれた街で、ジャズをきっかけに知り合い、神戸の再開発を巡る騒動に巻き込まれながら、逞しく生きていく姿を描く。

松宮宏氏のコメント

「アンフォゲッタブル。はじまりの街・神戸で生まれる絆」はどっぷり神戸の物語神戸ジャズ、若手ジャズミュージシャン応援のためにも、ぜひご紹介してほしいという。

神戸産活ヒーローメリケンジャーヒーロー

投稿者プロフィール

神戸産活ヒーローメリケンジャー

目的

1.メリケンジャーは、神戸の産業を活生化に貢献する

2.国内外の観光客の誘導に貢献する

3.神戸の活気、神戸の楽しさを国内外に伝える

4.神戸の起業家に必要な情報発信を行う

5.新しい価値創造と新しい暮らしを創造する

6.身近なローカルヒーローとして子供達とふれあう

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Language

ピックアップ記事

  1. 明石海峡大橋管理通路

    2019-9-6

    2日間限定明石海峡を歩いて渡る「明石海峡大橋海上ウォーク」

    2日間限定明石海峡を歩いて渡る「明石海峡大橋海上ウォーク」 神戸が世界に誇る吊橋「明石海峡大橋」の普…
  2. ポートタワー

    2019-1-15

    【神戸の豆知識】神戸に2つのタワーが存在していた!

    大正時代に神戸市の湊川公園に建てられた展望塔「神戸タワー」 神戸タワーは大正13年(1924年)に湊…
  3. 2019-11-13

    Mop7:しりとり

    私は、子供の頃から日記をつけています。 幼い日の夜、 眠いながらに書くそれは、これでもか!というく…
  4. 「黒十スタンド」

    2019-8-1

    神戸の地元野菜×神戸の灘の酒『黒十スタンド』年8月2日オープン

    兵庫県神戸市中央区、トアウエストにある「黒十バール」が2019年8月2日(金)に「黒十スタンド」とし…

情報提供

LINE@はじめました

KOBE Total Pressチャンネル

ページ上部へ戻る