眼鏡越しの風景 EP3‐遠雷‐

平日、午後の電車は乗客もまばら。
どこに目線をやるでもなく、微かに揺れるつり革をぼんやり眺めていた。
あの頃の私は、脱け殻を引きずったような、心もとない空気を纏っていた。

ひとつ座席を空けた先に座る、御婦人が、
「キレイっ!ねぇねぇ見てみて」と話しかけてきた。

突然のことに苦笑いしながら、車窓向こうに目をやると。
雨上がりの晴れ間に、美しいアーチを描く大きな虹。
思わず、私も「わぁ。綺麗な虹ですね」と返した。

さらに、彼女はお喋りを続け。
「思うんだけど。神社の五色幕もそうでしょ。」
「緑黄赤白紫、緑は青に、紫は黒に置き換えられることもあるから七色ね」
「そう思うと、虹はきっと縁起がいいのよね。」
「なによりこうしてみんなが笑顔になれるでしょ。」

さきほどの彼女の感嘆の声に、気づけば他の乗客も顔を上げ、窓の外を見ていた。
「陰陽五行、陰もあれば光もあるものよね」

「飴 食べる?」と、私の手のひらに数個の飴玉を握らせながら
「きっとこれからお互い良いことがあるわね」
ウフフと微笑む、ふくよかな輪郭と花柄のスカートがヒラリ、駅のホームへ消えていく。

もしかすると、虹の使者!?
空から舞い降りてくるメリー・ポピンズが、頭に浮かぶ。

ちっぽけな自分をズームアウトする。
大空を翔ぶ鳥たちから見下ろせば、長い人生の一時など、ほんの些細な傷みなのかもしれない。

口の中で甘酸っぱく溶け落ちる飴玉。
遠くで鳴る雷の音を耳に残したまま、随分長く電車に揺られていたように思う。

♪ My Favorite Song
HANABI Mr.Children

yukko

投稿者プロフィール

眼鏡と帽子がトレードマークのボーカル yukkoです。

邦楽カバーとオリジナル、ピアノ&ウクレレ弾き語り
新開地音楽祭やラジオ出演等 神戸を拠点に活動中。

作詞やエッセイ、言葉を調べたり、書きものが好き。

眼鏡越しの風景を、徒然なるままに…。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Language

ピックアップ記事

  1. モザイクガーデン観覧車

    2020-3-17

    神戸ハーバーランドumieモザイク大観覧車が青く染まるというおはなし

    神戸ハーバーランドumieモザイク大観覧車が青く染まるというおはなし 世界34か国で水・衛生支援に取…
  2. 2020-2-4

    兵庫の味『ポテトチップス いかなごのくぎ煮味』が発売

    兵庫の味『ポテトチップス いかなごのくぎ煮味』が発売 カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取…
  3. 旧和田岬灯台

    2019-2-5

    【神戸の豆知識】日本初の水族館は赤灯台の側にあった?!

    日本初の水族館は赤灯台の側にあった?! 神戸市立須磨海浜水族園近くにある赤灯台(旧和田岬灯台)はご存…
  4. 神戸牛

    2019-1-9

    【神戸の豆知識】神戸牛っていう牛は居ない!!

    神戸牛の特徴 神戸の人ならみんなが知っていると言ってもいい神戸牛はサシ(脂肪)が筋肉の中に細かく入り…

情報提供

LINE@はじめました

KOBE Total Pressチャンネル

ページ上部へ戻る