「ひつじのショーン」が六甲山にやってくるというおはなし

「ひつじのショーン」が六甲山にやってくるというおはなし

六甲山上で運営する「六甲ガーデンテラス」では、2020年4月1日(水)より『ひつじのショーンフェア in六甲ガーデンテラス』を初開催

フェア期間中は、エリア内に「ひつじのショーン」のパネル什器や大型のぬいぐるみが登場する他、店舗の中には、実際のアニメの撮影で使われたジオラマの展示を行うという。

「グラニットカフェ」ではフェア期間限定のコラボメニューを販売する他、エリア内の各物販店舗では、六甲ガーデンテラス限定のオリジナル商品も販売

また、オリジナルノベルティがもらえるスタンプラリーや、ショーンやその仲間達のキーホルダーを作れるワークショップなどもあり、お子様から大人まで幅広い世代にお楽しみいただけます。

開催日

2020年4月1日(水)から5月10日(日)

※期間中無休(店舗により定休日あり)

開催場所

六甲ガーデンテラス

〒657-0101神戸市灘区六甲山町五介山1877-9

ひつじのショーンとは

イギリスのアードマン・アニメーションズ製作のクレイ・アニメーション。ショーンと仲間たちが繰り広げるドタバタコメディである本作品は、母国イギリスを飛び出して、今や世界170ヶ国で愛されています。発明家のウォレスと忠犬グルミットによる大ヒットコメディー『ウォレスとグルミット、危機一髪!』(1995 年/英)に初登場したひつじのキャラクターがショーンです。人気が出たショーンを主人公にしたスピンオフ作品として「ひつじのショーン」(2007年/英) が放送を開始しました。初登場した時、日本では“プルプル”と呼ばれるサブキャラクターでしたが、今では立派な主人公として25周年を迎えました。

神戸産活ヒーローメリケンジャーヒーロー

投稿者プロフィール

神戸産活ヒーローメリケンジャー

目的

1.メリケンジャーは、神戸の産業を活生化に貢献する

2.国内外の観光客の誘導に貢献する

3.神戸の活気、神戸の楽しさを国内外に伝える

4.神戸の起業家に必要な情報発信を行う

5.新しい価値創造と新しい暮らしを創造する

6.身近なローカルヒーローとして子供達とふれあう

この著者の最新の記事

関連記事

Language

ピックアップ記事

  1. ビーナスブリッジ

    2019-1-30

    【神戸の豆知識】ビーナスブリッジの名前の由来「金星台」で観測された天体現象は次回2117年まで見る事ができない!

    ビーナスブリッジの名前の由来「金星台」で観測された天体現象は次回2117年まで見る事ができない! 金…
  2. みなと花火

    2019-12-10

    第50回みなとこうべ海上花火大会は10月31日に決定

    第50回みなとこうべ海上花火大会は10月31日に決定 1971年より神戸港で開催している「みなとこう…
  3. マカマカダミアバタートースト

    2019-2-14

    神戸の中心地でハワイを感じられる「ハワイアンカフェ マカマカ」

    神戸の中心地でハワイを感じられる「ハワイアンカフェ マカマカ」 元町駅から徒歩5分ほど、ビルの2階に…
  4. 神戸市民球場

    2019-1-14

    【神戸の豆知識】プロ野球の会場としても使われた神戸市民球場、震災後仮設住宅として使われた後に解体された

    ※アイキャッチ画像引用:震災記録写真(大木本美通撮影) 神戸市民球場 1928年に昭和天皇の即位を記…

情報提供

LINE@はじめました

KOBE Total Pressチャンネル

ページ上部へ戻る