眼鏡越しの風景EP51-眼鏡-

小学生の頃.眼鏡っ子の友の後ろで視力検査を待つ間、
「下?うーんっ.わかりません」
と、モゴモゴしてるのを見ると、後ろから
「みぎ!右だよ!」
「うっうえ!上、上っ」
と、クイズでなく検査にも関わらずコソコソ答えを教え、先生に叱られていた。どうしてあんなに大きな輪っかが見えないんだろうと、その頃は不思議で仕方がなかった。

それから10年ほどたつと、あの頃の保健室の光景を思いだすものの、指し棒の先、大きな輪っかを自分が「わかりません.」と答えることになろうとは思いもしなかった。

それからは
「眼鏡を外した顔って、見たことないよね~」
と言われるほどに、私もすっかり眼鏡っ子になってしまった。

もちろんコンタクトも過去2回ほど試してみたが、すぐに飽きてしまい容器の中で毎回ミイラのごとく干からび終了となった。それでも当時の眼鏡はデザイン性のあるものは少なく、目が悪いイコール眼鏡をかけるという機能性重視のものが多く、眼鏡自体も高価だった為、今のように洋服に合わせ数本の眼鏡をかけ替えるというような、お洒落な時代ではなかった。そのせいか学生時代、眼鏡をかける自分をなかなか好きになれずにいた。授業中以外はいつも眼鏡を外し、無意識ではあったが眼鏡っ子のイメージが付くことを避けていたのだと思う。

「写真撮るよ~」
と言われると、すぐに眼鏡を外していたのも、眼鏡姿の自分が写真に残るのが嫌だったからだ。

そんな眼鏡嫌いな私が今から17年ほど前、東京恵比寿の駅前で、キーボードで弾き語る赤い眼鏡の女の子と出逢った。土曜の夜、賑やかに浮かれる都会の雑踏と人混みの中、どこからともなく聴こえてくる鍵盤の音色と透き通る歌声。彼女の歌声が響くと、今まで忙しなく動いていた街が時間を止め、人々は耳を傾け、お喋りをやめた。待ち合わせのカップルは思い出の1コマとして、近くの手すりにもたれ聴き入っていた。彼女の音楽を軸とし、知らない者同士が引き寄せ合いそこに集う、不思議な一体感さえ生まれていた。その頃はその後自分が人前で歌うことになるとは思いもせず、ただただ憧れの眼差しで、その輪の中に立っていた。路上ライブで初めて買った自主製作のCDは今でも大切な一枚だ。

赤い眼鏡の彼女は「10万人が足を止めた魔法の声」と言われ、今では多くの人が知ることとなるアーティストになった。同じ誕生日の彼女にちょっぴり運命を感じつつ、私はあの頃の彼女との出逢いを時々思い出しては、眼鏡をクイッとあげてみるのだ。

♪My Favorite Song
小さな星   奥華子

yukko

投稿者プロフィール

眼鏡と帽子がトレードマークのボーカル yukkoです。

邦楽カバーとオリジナル、ピアノ&ウクレレ弾き語り
新開地音楽祭やラジオ出演等 神戸を拠点に活動中。

作詞やエッセイ、言葉を調べたり、書きものが好き。

眼鏡越しの風景を、徒然なるままに…。

この著者の最新の記事

関連記事

Language

ピックアップ記事

  1. 自衛隊通信中継施設

    2019-1-25

    【神戸の豆知識】六甲山の山頂はアメリカの軍事施設だった波瀾万丈の歴史

    六甲山の山頂はアメリカの軍事施設だった波瀾万丈の歴史 六甲山の山頂には、戦後から1992年に返還され…
  2. モザイク観覧車

    2019-1-12

    【神戸の豆知識】阪神淡路大震災により壊滅的な被害を受けたAOIAから移築されたモザイク大観覧車

    震災の被害で移築された大観覧車 デートを楽しむカップルや家族などで賑わっているモザイクにある大観覧車…
  3. 舞子タワー

    2019-5-16

    【神戸の豆知識】垂水にあった回転昇降式360度のパノラマが楽しめる舞子タワー

    【神戸の豆知識】垂水にあった回転昇降式360度のパノラマが楽しめる舞子タワー 1992年開業した舞子…
  4. 洋館を改装したカフェでスパイシーな料理を味わえる「ボナルーカフェ」

    2020-2-14

    洋館を改装したカフェでスパイシーな料理を味わえる「ボナルーカフェ」

    洋館を改装したカフェでスパイシーな料理を味わえる「ボナルーカフェ」 山陽須磨駅、JR須磨駅から歩いて…

情報提供

LINE@はじめました

KOBE Total Pressチャンネル

ページ上部へ戻る