早くも! クリスマス限定商品登場。英国紅茶ブランド「AHMAD TEA」デザイン缶4種発売

2018年11月1日(木曜)英国紅茶ブランド「アーマッドティー」より、クリスマス限定デザイン缶4種(計7品)を数量限定で販売開始。
『アーマッドティー』は1953年に誕生した英国紅茶ブランド。『高品質の紅茶をもっと手軽に飲んで欲しい』という創業者の強い想いは今日まで三代に亘り受け継がれ、『高品質・良心価格』へのこだわりは今も変わらず。熟練のティーテイスターによるブレンド技術に裏打ちされた本格的な味わいと香りは世界80か国以上で親しまれ、今では世界第5位の紅茶ブランドに。伝統的なブレンドからフルーツティー、デカフェタイプまで幅広く取り揃えたラインナップによって、家族で楽しめる紅茶ブランドを目指す。
先行発売となった10月の阪急うめだ英国フェアでも一際注目を集めたクリスマス限定デザイン缶は、淡い色調のパールカラーで洗練された上品なデザインが特長。クリスマスの華やぎや特別感が高まる光沢感のある質感のパッケージに、アーマッドティーの誇る本格リーフティーが入っていて、自宅用はもちろん、プレゼントにも最適!

△アーマッドティー クリスマス限定デザイン缶

1)クリスマスオルゴール缶

缶を回すとオルゴールの音色を奏でる大人気の限定缶。オルゴールの音色はおなじみの”ジングルベル”です。
クリスマス限定仕様は雪景色のロンドンの街並みが描かれたシャンパンピンクの可愛らしいデザイン。
中にはベルガモットの香り豊かなアールグレイ(リーフティー)が80g入っています。
アールグレイ リーフティー 80g/2,000円(税込)

2)クリスマスオーナメント缶シリーズ(3色展開)

オーナメント型の容器にリーフティーが入った限定缶。クリスマスツリーに飾ってお楽しみください。ブルー、ピンク、イエローの3色展開で、色ごとに中身のフレーバーが異なります。
リーフティー 30g(アールグレイ、イングリッシュティーNo.1、イングリッシュブレックファースト)/各600円(税込)

3)クリスマスツリー缶シリーズ(2色展開)

クリスマスツリーの形をした限定缶は、ブルー、ホワイトの色違いで2種類。中にはミルクティーにおすすめのイングリッシュブレックファースト(リーフティー)が60g入っています。
イングリッシュブレックファースト リーフティー 60g/各1,000円(税込)

4)エレガントリーフティー3缶セット

淡いパールカラーに葉のモチーフが上品にあしらわれた、可愛らしいミニ缶に入った本格リーフティーギフトセットです。アーマッドティー定番の紅茶3種類のリーフティーが30gずつ入っています。化粧箱入りで、クリスマスだけでなく結婚・出産などお祝いのギフトにも最適です。

ブルー :ベルガモットの香り豊かな『アールグレイ』
ホワイト:柔らかなベルガモットの香りをまとった『イングリッシュティーNo.1』
ピンク :ミルクティーにおすすめの『イングリッシュブレックファースト』
30g×3缶セット/1,500円(税込)

 

発売日:2018年11月1日(木)

アーマッドティー&グロサリーショップ 店舗/オンラインショップ
AHMAD TEA LOHACO 直営店
※数量限定のため、無くなり次第販売終了。

れぃれぃウォーキングライター

投稿者プロフィール

神戸市内ならば!あちらこちらへ出没します。
美味しいたべものと綺麗なモノ大好きです。
移動はいつも徒歩です★
長距離・短距離問いません。

この著者の最新の記事

関連記事

Language

ピックアップ記事

  1. ポートタワー

    2019-1-15

    【神戸の豆知識】神戸に2つのタワーが存在していた!

    大正時代に神戸市の湊川公園に建てられた展望塔「神戸タワー」 神戸タワーは大正13年(1924年)に湊…
  2. 神戸市民球場

    2019-1-14

    【神戸の豆知識】プロ野球の会場としても使われた神戸市民球場、震災後仮設住宅として使われた後に解体された

    ※アイキャッチ画像引用:震災記録写真(大木本美通撮影) 神戸市民球場 1928年に昭和天皇の即位を記…
  3. モザイク観覧車

    2019-1-12

    【神戸の豆知識】阪神淡路大震災により壊滅的な被害を受けたAOIAから移築されたモザイク大観覧車

    震災の被害で移築された大観覧車 デートを楽しむカップルや家族などで賑わっているモザイクにある大観覧車…
  4. 2020-5-17

    新型コロナウイルスやインフルエンザ感染対策に体温測定カメラ販売開始

    新型コロナウイルスやインフルエンザ感染対策に体温測定カメラ販売開始 OA機器やネットワーク、インフラ…

情報提供

LINE@はじめました

KOBE Total Pressチャンネル

ページ上部へ戻る