神戸港でお馴染み日本最大クルーズ客船「飛鳥II」2019年上期スケジュールが発表された

神戸発 日南花火クルーズ

郵船クルーズ株式会社(所在地:横浜市西区、代表取締役社長:坂本深)は、同社が運航する日本船籍最大のクルーズ客船「飛鳥II」(50,142トン)による、2019年7月~9月出発のクルーズ商品および「2019年 ディスカバー・アジアクルーズ(同年11月出発)」を発表いたします。

神戸から父島を往復する「神戸発着 小笠原クルーズ」5泊6日 2019年7月14日~7月19日や各地の祭りや花火大会を訪れる「神戸発 日南花火クルーズ」2019年7月19日~7月22日などある。

「2019年 ディスカバー・アジアクルーズ」

■「2019年 ディスカバー・アジアクルーズ」

周遊型の海外クルーズとしては20日間のコンパクトな日程で、上海、香港、ハイフォン、高雄などアジアのエネルギッシュな都市を巡るクルーズが初登場します。進化・発展をし続け、訪れるたびに新たな魅力が生まれている今注目の都市を再発見しにでかけませんか。

飛鳥IIは上海を流れる黄浦江を街の中心部近くまで航行し、超高層ビルが林立する浦東新区の対岸に停泊します。夜にはご乗船の皆様を上海雑技団観覧へご案内するクルーズ特典をご用意いたします。初寄港のハイフォンは近年交通網が整備され、ベトナムの首都ハノイや世界遺産のハロン湾まで足を延ばせる寄港地として注目を浴びています。

船内では、ゴダイゴ、伝統京劇の新潮劇院などゲストエンターテイナーがクルーズライフを盛り上げます。

当クルーズには早期全額支払割引、早期申込割引を設定しています(期日・条件あり)。

今回発表のクルーズは12月14日(金)に販売開始を予定しています。

神戸発

神戸~上海(中国)~香港(中国)~ハイフォン(ベトナム)~高雄(台湾)~那覇~鹿児島~横浜 (18泊19日)

■飛鳥II概要( https://www.asukacruise.co.jp/ )

「飛鳥II」は日本船籍最大の客船で、約100日間の世界一周クルーズ、アジア・オセアニア方面へのロングクルーズ、日本の夏祭りを巡るクルーズ、1泊からのショートクルーズなど多岐にわたり展開。全室海側の客室、ゆったりとしたスペースや充実の設備、日本人乗船客の嗜好に合わせた多彩な食事やエンターテイメントが特徴。乗船客1人当たりのスペースや乗組員比率は、日本はもとより世界トップレベルで、世界のクルーズマーケットで愛される美しい船体に、和の心のおもてなしをのせて皆様をお迎えいたします。

船籍    :日本

船籍港(母港):横浜港

総トン数  :50,142トン

全長    :241m

乗客数   :872名

乗組員数  :約470名

客室数   :436室(全室海側)

 

 

 

神戸産活ヒーローメリケンジャーヒーロー

投稿者プロフィール

神戸産活ヒーローメリケンジャー

目的

1.メリケンジャーは、神戸の産業を活生化に貢献する

2.国内外の観光客の誘導に貢献する

3.神戸の活気、神戸の楽しさを国内外に伝える

4.神戸の起業家に必要な情報発信を行う

5.新しい価値創造と新しい暮らしを創造する

6.身近なローカルヒーローとして子供達とふれあう

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Language

ピックアップ記事

  1. マカマカダミアバタートースト

    2019-2-14

    神戸の中心地でハワイを感じられる「ハワイアンカフェ マカマカ」

    神戸の中心地でハワイを感じられる「ハワイアンカフェ マカマカ」 元町駅から徒歩5分ほど、ビルの2階に…
  2. 2019-8-21

    甲子園球場を走れるイベントが開催される

    甲子園球場を走れるイベントが開催される 2020年1月11日(土)に、阪神甲子園球場において、「第3…
  3. 「黒十スタンド」

    2019-8-1

    神戸の地元野菜×神戸の灘の酒『黒十スタンド』年8月2日オープン

    兵庫県神戸市中央区、トアウエストにある「黒十バール」が2019年8月2日(金)に「黒十スタンド」とし…
  4. 2019-3-2

    【神戸の豆知識】ボウリング発祥の地1869の碑が東遊園地にあるけど・・・日本で最初ではなかった?!

    ボウリング発祥の地1869の碑が東遊園地にあるけど・・・日本で最初ではなかった?! 神戸市役所の海側…

情報提供

LINE@はじめました

KOBE Total Pressチャンネル

ページ上部へ戻る