ママさん美容師すま子のおすすめ!シーズン真っ最中のすま海苔「すまうら水産のり工場」に行ってみました。

KTP一般ライターからの投稿記事です!

おにぎりや巻き寿司に欠かせない海苔。 普段何気なく食べている海苔が、どうやって作られているのか、生海苔の水揚げから乾海苔が出来上がるまでを調査してみました。 調査場所はJR須磨駅を南(海側)に出た後、浜辺沿いを西へ向かって徒歩5分の所にある「すまうら水産」です。

まず案内されたのは、工場の目の前に設置されている見上げるほど大きなタンクです。

タンクの上まで続くはしごを登ると、須磨海岸が目の前に広がっていました。防波堤の沖で、ちょうど生海苔を刈り取っている船が見えました。

その船で岸壁まで運ばれた生海苔は、太いホースを通って、タンクへとやってきます。
ここからの作業は、なっなんと全工程オートメーション!海水でよくもみ洗いをした後、荒ゴミを除去します。

次に、細かく裁断し、細かいゴミを除去します。さらに、細かく裁断した状態の生海苔を真水と混ぜ、海苔濃度を調節します。この工程で海苔の厚みなどを整えるそうですよ。

そして、巻き簾によく似た「海苔簾(のりす)」に海苔を充填して型取りし、いよいよ乾燥します。

この工程を実際に見て驚いたのですが、海苔を充填した後に海苔簾を上げて、軽く脱水。さらに、水分をスポンジで下から吸い取った後、乾燥機へ入れていきます。

乾燥機を通って出てきた海苔は、一枚ずつレーンに乗せられます。 十分に乾燥しているか、金属が混ざっていないか、型は隅々まで整っているかなど、厳しいチェックを受けます。

それらのチェックを通過した乾のりは、10枚1組として半分に折りたたまれ、さらに10組1束として紙帯を巻かれます。

ここまでのかかる時間は、およそ2時間45分。すごいですね。海苔漁のシーズンは12月中旬~4月位まで。その間、工場は24時間フル稼働しているそうですよ。

ところで、みなさんは「須磨一番海苔」をご存知ですか?文字通り、一番最初に収穫された生海苔を使ったもので、香りもよくとても柔らかで口当たりのいい海苔です。この日見せていただいた生海苔は、9番海苔。食べ比べをしてみたら…はっきりと違う歯応えに驚かされました。

そんなおいしい須磨海苔の購入方法は、3つあります。
その1、工場で直接購入する。
その2、すまうら水産直売所(JR須磨駅おりてすぐ)で購入する。
その3、ホームページから購入する。

工場見学については、海苔の収穫シーズン中であれば、いつでも出来るそうですよ。事前予約が必要ですので、下記へお問い合わせを。みなさん、ぜひ体験してみてくださいね。
【すまうら水産】 Tel:078-735-4200
〒654-0055 神戸市須磨区須磨浦通6丁目61

最新情報はこちらでチェックしてみてください★
【Facebook】すまうら水産

<投稿者プロフィール>
KTPネーム: すま子
生まれ育った街が大好きな神戸っ子。
1歳児の子育て奮闘中のママさん美容師です。

関連記事

Language

ピックアップ記事

  1. モザイク観覧車

    2019-1-12

    【神戸の豆知識】阪神淡路大震災により壊滅的な被害を受けたAOIAから移築されたモザイク大観覧車

    震災の被害で移築された大観覧車 デートを楽しむカップルや家族などで賑わっているモザイクにある大観覧車…
  2. ポートタワー

    2019-1-15

    【神戸の豆知識】神戸に2つのタワーが存在していた!

    大正時代に神戸市の湊川公園に建てられた展望塔「神戸タワー」 神戸タワーは大正13年(1924年)に湊…
  3. カシオ計算機「G-SHOCK」×神戸市消防局第2弾コラボPR動画がかっこいい

    2018-11-24

    カシオ計算機「G-SHOCK」×神戸市消防局第2弾コラボPR動画がかっこいい

    2018年11月22日カシオ計算機と神戸市消防局がコラボした限定モデルG-SHOCKのPR動画がメチ…
  4. 2019-1-18

    日本一の酒どころ「灘五郷」「灘の酒蔵」蔵開き

    「灘の酒蔵」蔵開き 「灘の酒蔵」蔵開き 1月19日(土)を皮切りに、ぞくぞく開催 日本一の酒どころ「…

情報提供

LINE@はじめました

KOBE Total Pressチャンネル

ページ上部へ戻る