カテゴリー:yukkoのお眼鏡

  • 眼鏡越しの風景 EP14 -杵柄-

    寒い季節、自転車に乗る時はいつも手袋をつけている。 鶯色の革手袋や、英国ウールの手編み手袋の日もあるが、その洒落た手袋たちは、時々出掛けに玄関先に忘れられてしまう。 そんな精鋭たちの後ろに控えるは、終日外気吹きさらす、…
  • 眼鏡越しの風景 EP13 -盛装-

    「眼鏡と帽子」が私のトレードマーク。 帽子好きのルーツは、母方の祖父にある。 私が思い出す祖父は、繊細かつ寡黙。若い頃の怪我がもとで片手が不自由だったが、手先がとても器用で、釣りの仕掛けを作ったり、晩年は細やかなタッチ…
  • 眼鏡越しの風景 EP12‐習慣‐

    [白ごはんを守る会:会員番号1] ごはんが大好きな私。 人にはあまり話していない自分ルールがある。 食事の始まりから、終わりまで、白いごはんを守るという自分の中の鉄の掟だっ。 子供の頃、大好きだったふりかけも 大人に…
  • 眼鏡越しの風景 EP11‐初恋‐

    2月に入ると、街は赤やピンクに彩られ、 チョコレートの香り漂うバレンタインの季節が到来する。 バレンタインデーと言えば、 甘い告白でも、待ち伏せのドキドキでもなく 思い出されるはこの出来事。 内心、この甘いイベントに…
  • 眼鏡越しの風景 EP10‐孤独‐

    十数年前の金曜、終電近い山手線は飲み会帰りの人たちでごった返していた。 私は東京の街を肩を落としながら歩いていた。 神戸から上京した私は「この服でよかったのか」と大きな鞄の中身を思い出しながら、 最新のファッションに身を…
  • 眼鏡越しの風景 EP9‐冬眠‐

    年末から正月にかけお店のシャッターはおろされ、門松の絵が書かれた休業案内と共にしめ縄が飾られていた。 閑散とした街中に、お年玉で懐を温かくした子どもたちの軽やかな足音が響く。 幼い頃、私はこの時期におやつをストックする…
  • 眼鏡越しの風景 EP8‐攻防‐

    子どもの頃、お正月明けの話題はお年玉についてだった。 父方の親戚は遠く、毎年出向く先は母方の祖父母と両親のみ。 風来坊の叔父や多忙な叔母は、元旦に居たり居なかったりした。 しかし、この2人は会えなかった分も上乗せしてく…
  • 眼鏡越しの風景 EP7‐不図‐

    片想いの人に偶然再会するなら、メイクも洋服もベストな状態で逢いたいと願うのが女心。 そんな経験は、誰にでも一度や二度はある。 そして、この私にも… 一度目は5年前の冬。 同僚と談笑しながら、待ち合わせしている彼を大きな…
  • 眼鏡越しの風景 EP6‐寒声‐

    今年も冬がやって来た。 毎朝すれ違う小学生たちは、カラフルな流行りのダウンジャケットに身を包み、首にはマフラーやネックウォーマー、手袋と完全防備だ。 子供でも大人仕様の防寒対策とお洒落を楽しめるファストファッション全盛期…
  • 眼鏡越しの風景 EP5‐旅路‐

    我が愛しき相棒のママチャリ「オレンジ号」 そのペダルで、往復6kmの道のりを約9年間漕ぎ続けている。 大雨や嵐の日を除いて、1年間で330日くらいになる。 これまでの走行距離をざっと計算してみると、 6km x 330日…

Language

KOBE Total Pressチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2020-2-4

    兵庫の味『ポテトチップス いかなごのくぎ煮味』が発売

    兵庫の味『ポテトチップス いかなごのくぎ煮味』が発売 カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取…
  2. 2020-2-2

    Mop10:にせもの

    「にせもの」というと、マイナスなイメージがあります。 人間関係でいうそれは特に。 社交辞令の笑顔…
  3. 国会議事堂

    2019-1-27

    【神戸の豆知識】国会議事堂の尖塔のモチーフが神戸にある?!

    国会議事堂の尖塔のモチーフが神戸にある?! 現在の国会議事堂は1936年(昭和11年)に帝国議会議事…
  4. 2019-11-13

    Mop7:しりとり

    私は、子供の頃から日記をつけています。 幼い日の夜、 眠いながらに書くそれは、これでもか!というく…
  5. 洋館を改装したカフェでスパイシーな料理を味わえる「ボナルーカフェ」

    2020-2-14

    洋館を改装したカフェでスパイシーな料理を味わえる「ボナルーカフェ」

    洋館を改装したカフェでスパイシーな料理を味わえる「ボナルーカフェ」 山陽須磨駅、JR須磨駅から歩いて…

情報提供

LINE@はじめました

ページ上部へ戻る