眼鏡越しの風景EP36-名前-

『ゆっこちゃん』『ユッコちゃん』小さい頃からずっとこう呼ばれている。
音楽活動をしている今は『yukko』と呼ばれることが多くなった。

本名は『由紀子』
この人生において私を『由紀子』と呼ぶ人はいなかった。役所や銀行、知らない人たちだけが、公的な名前として『由紀子』と呼んだ。一時、苗字まで変わっていた頃は、病院の待合室で呼ばれていたにもかかわらず、自分の名前という認識が薄く、何十分もぼんやりし、看護師さんに声を掛けられたほどだった。両親や祖父母、親戚一同、友達、誰に会ってもどこに行っても、みんな私を『ユッコ』と呼び。幼い頃は、自分で自分のことまで『ユッコねぇ~』と言っていた。内からも、外からも愛称で呼ばれ続け、自分でも『私は由紀子なんだ!』という自覚がない。私のイメージでは『由紀子さん』というと、色白で細く、少し病弱ではかな気『ユッコちゃん』だと、パタパタお転婆、おっちょこちょいな中身になってしまい、長年の呼び名が私の人格形成にも影響していると思う。

当時、音楽を始めるキッカケが一夜限りの予定だった為に、アーテスト名を付ける発想も時間もなく、気がつくとあれから5年、今日まで来てしまった。その当時も全く知らない誰かさんになる勇気はなかったが、なっていたとしても、昔から私をよく知る人が『本名由紀子でしょ?誰?』『本当はユッコじゃん!』と笑われそうで、大きくかけ離れたアーティスト名を名乗るのに躊躇してしまった。今なら、憧れの『子』の付かない名前や、お気に入りの名前にすればよかったとも思うが、今はローマ字、小文字の『yukko』が気に入っている。

アーティスト名、バンド名、名づけをする機会はその後も訪れたが、このエッセイを連載するにも、タイトルを付けなければならなかった。
“私とはなんぞや?”
眼鏡・帽子・旅好き・・・と、思い浮かぶ単語をノートに書き出した。
それと平行し、たまに「おぉぉー!」というような、突拍子もない変化球をくれるお友達にもタイトル候補をいくつか挙げてもらった『天ぷら揚げてフライデー』
エッセイになぜ故それ?というような、油もの、金曜色強めのタイトルだったが、連載土曜日なんですけど・・・。
『シカちゃんのカクカクシカジカ』という苗字をもじったものもあったが、yukkoはいったいどこに?もはやダジャレ!?だったが、友達の間では大ウケであった。

次に出てきた『コラむすめ』は、ゴロもよく、けっこう気に入っていたけれど、徒然なるままに・・・エッセイを書きたかったので、評論のコラムをもじったものは付けにくいとそのタイトルはお流れに。

結果、自分で付けた『yukkoのお眼鏡』に落ち着く。他に似たようなタイトルのものがないか、お眼鏡ってちょっと上から目線?と気になったりもした。では、字面をどうするか?で、また悩んだ。

『yukkono no omegane』

『ユッコノオメガネ』

『yukkoのおめがね』

『ゆっこのお眼鏡』

文字をローマ字にするか、ひらがなにするか、はたまた漢字を入れるか、たかがなのだが、されどでもあり、字面でだいぶ印象は違ってくる。そんな小さなことは誰も気にしていないかもしれないが、やっぱり私はそこに拘りたい。

レンズ越しに起こる日常の風景、私を通して感じたことをこのエッセイにして届けたい。そんな思いを込め『眼鏡越しの風景』と、サブタイトルも付けた。

これからも『yukko』と呼ばれる、おっちょこちょいな人生を、私は歩んでゆこうと思う。

♪My Favorite Song
ビューティフル・ネーム   ゴダイゴ

yukko

投稿者プロフィール

眼鏡と帽子がトレードマークのボーカル yukkoです。

バンド独自の洒落たアレンジで邦楽・洋楽カバーとオリジナル曲、
新開地音楽祭やラジオ出演等 神戸を拠点に活動中。

眼鏡越しの風景を、徒然なるままに…。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Language

ピックアップ記事

  1. 国会議事堂

    2019-1-27

    【神戸の豆知識】国会議事堂の尖塔のモチーフが神戸にある?!

    国会議事堂の尖塔のモチーフが神戸にある?! 現在の国会議事堂は1936年(昭和11年)に帝国議会議事…
  2. 旧和田岬灯台

    2019-2-5

    【神戸の豆知識】日本初の水族館は赤灯台の側にあった?!

    日本初の水族館は赤灯台の側にあった?! 神戸市立須磨海浜水族園近くにある赤灯台(旧和田岬灯台)はご存…
  3. 2020-2-4

    兵庫の味『ポテトチップス いかなごのくぎ煮味』が発売

    兵庫の味『ポテトチップス いかなごのくぎ煮味』が発売 カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取…
  4. 自衛隊通信中継施設

    2019-1-25

    【神戸の豆知識】六甲山の山頂はアメリカの軍事施設だった波瀾万丈の歴史

    六甲山の山頂はアメリカの軍事施設だった波瀾万丈の歴史 六甲山の山頂には、戦後から1992年に返還され…

情報提供

LINE@はじめました

KOBE Total Pressチャンネル

ページ上部へ戻る