眼鏡越しの風景 EP7‐不図‐

片想いの人に偶然再会するなら、メイクも洋服もベストな状態で逢いたいと願うのが女心。
そんな経験は、誰にでも一度や二度はある。
そして、この私にも…

一度目は5年前の冬。
同僚と談笑しながら、待ち合わせしている彼を大きなターミナル駅で見かけた。
私は残業帰り。疲労困憊の顔でお腹を空かせ、夜食を探しに、街を彷徨っていた。

二度目は3年前の春。
百貨店の中、爽やかなニットを着た休日スタイルの彼が、反対側のエスカレーターを上がって来る。
私は、季節外れの風邪ひき真っ只中。マスクの下はノーメイク!?
何十年ぶりの再会なのに、毎回こちらの状況が普段以下のクオリティ。
これでは、さすがにとびきりの笑顔で『久しぶり~♪』と再会を喜ぶイメージと掛け離れ過ぎている。

しかし、神様は見捨てていなかった!!
それから2年が経ち、三度目にしてベストタイミングな再会チャンス到来!
その日、私は友達と出かけた帰り、メイクも洋服もそこそこにイイ感じ。
フードコートの中で、斜め後ろの席に彼の姿。
振り向けば、すぐそこという至近距離だ!
♪チャカチャーンと『ラブ・ストーリーは突然に』のイントロが頭の中で流れていた。

しまった。次の予定までの間にと、さっきたこ焼きを食べたんだ。
「もしや青のり付いてるのでは?リップも落ちてるかも」
慌てて近くの化粧室へ駆け込み、大きな鏡に映る自分に、ヨシっ!と気合を入れ、深呼吸。

さて、メイクを直そうとポーチを探ると
「んっ???なんだこの鞄の中のチャポチャポは?」
リュックの中では炭酸水がこぼれ、水溜りが出来ていた。
突然訪れた再会チャンスにかなり動揺して、ペットボトルの蓋を締め忘れたのだ。

何事もなかったように、涼しい顔で態勢を立て直し、化粧室を出る頃。
彼の姿はすでになく、独り、水浸しのリュックを背に喧騒のフードコートに立ち尽くしていた。

時を越え、
炭酸水の泡がまた、はじける音が聴こえた。

♪My Favorite Song
スターライトパレード SEKAI NO OWARI

yukko

投稿者プロフィール

眼鏡と帽子がトレードマークのボーカル yukkoです。

バンド独自の洒落たアレンジで邦楽・洋楽カバーとオリジナル曲、
新開地音楽祭やラジオ出演等 神戸を拠点に活動中。

眼鏡越しの風景を、徒然なるままに…。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Language

ピックアップ記事

  1. 2019-11-13

    Mop7:しりとり

    私は、子供の頃から日記をつけています。 幼い日の夜、 眠いながらに書くそれは、これでもか!というく…
  2. 神戸地どり屋

    2018-11-29

    JR神戸駅から徒歩2分で焼き鳥の美味しいお店「神戸地どり屋」に行ってみた

    JR神戸駅の北側で徒歩2分で行けるコスパ最高の焼き鳥屋さん神戸地どり屋に行ってみた。 大将の人柄がよ…
  3. マカマカダミアバタートースト

    2019-2-14

    神戸の中心地でハワイを感じられる「ハワイアンカフェ マカマカ」

    神戸の中心地でハワイを感じられる「ハワイアンカフェ マカマカ」 元町駅から徒歩5分ほど、ビルの2階に…
  4. 神戸牛

    2019-1-9

    【神戸の豆知識】神戸牛っていう牛は居ない!!

    神戸牛の特徴 神戸の人ならみんなが知っていると言ってもいい神戸牛はサシ(脂肪)が筋肉の中に細かく入り…

情報提供

LINE@はじめました

KOBE Total Pressチャンネル

ページ上部へ戻る