眼鏡越しの風景 EP8‐攻防‐

子どもの頃、お正月明けの話題はお年玉についてだった。

父方の親戚は遠く、毎年出向く先は母方の祖父母と両親のみ。
風来坊の叔父や多忙な叔母は、元旦に居たり居なかったりした。
しかし、この2人は会えなかった分も上乗せしてくれるラッキーパーソンなのだ。
そして、数年に一度有るか無いかの神キャラ「来客」登場の当たり年もあった。

それは、父の遠い親戚だったり、家の近所まで来た上司だったりする。
台所でお茶菓子を準備する母の傍らをウロウロ。
襖の隙間から、そおっと大人の談笑風景を覗いたり、私はどこか落ち着かない。
「それでは。そろそろ」と、おいとまの言葉が発せられるといよいよだ。

「よかったら、子供さんにどうぞ」と一巡目の先制。
スーツの内ポケットから差し出されるは、眩しいばかりに輝くポチ袋。
まず、母が「いえいえ、お気遣いなさらず」と遠慮。
これは儀式的なものではあるが、私は心の中で「お客さん負けるな!がんばれ!」と応援。

「お正月ですから、どうぞどうぞ」と二巡目の攻防。
お客さんが、隅っこに座る私を見てニッコリ笑う。
それを受け、遠慮がちに、恥ずかしそうに、微笑む私。
このはにかみ具合は、我ながらなかなかの名演技だ。
すかさず、父が「わざわざ来てくださり、お年玉まで頂けませんよ」と母をアシスト。

「少しですから、お菓子でも買うといいよ」と三巡目の畳みかけで、私にポチ袋が。
母が「そんなぁ。ねぇ?」と父と顔を見合わせるが「ありがとうございます。それでは遠慮なく頂きます」の一言。
「よっしゃ!堕ちた・・・」お客さんの勝利!そして私の勝利!
とびきりの笑顔と「ありがとうございます」の大きな声が、初春の我が家に響く。

時は過ぎ、20歳の誕生日。
子どもの頃から一度も使わずに貯めていたお年玉で、記念の腕時計を買った。
おじいちゃんとおばあちゃん、
お母さんとお父さん、
おばちゃんとおじちゃん
時々、お客さん。
みんなからのプレゼントを春の淡い陽差しにかざしてみる。

♪My Favorite Song
明日も SHISHAMO

yukko

投稿者プロフィール

男女4声ハーモニーを活かしたバンド「yukko+」
眼鏡と帽子がトレードマークのボーカル yukkoです。

バンド独自の洒落たアレンジで邦楽・洋楽カバーとオリジナル曲、
新開地音楽祭やラジオ出演等 神戸を拠点に活動中。

眼鏡越しの風景を、徒然なるままに…。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Language

ピックアップ記事

  1. 2019-11-13

    Mop7:しりとり

    私は、子供の頃から日記をつけています。 幼い日の夜、 眠いながらに書くそれは、これでもか!というく…
  2. 神戸市民球場

    2019-1-14

    【神戸の豆知識】プロ野球の会場としても使われた神戸市民球場、震災後仮設住宅として使われた後に解体された

    ※アイキャッチ画像引用:震災記録写真(大木本美通撮影) 神戸市民球場 1928年に昭和天皇の即位を記…
  3. 神戸牛

    2019-1-9

    【神戸の豆知識】神戸牛っていう牛は居ない!!

    神戸牛の特徴 神戸の人ならみんなが知っていると言ってもいい神戸牛はサシ(脂肪)が筋肉の中に細かく入り…
  4. ラムランチコース イメージ

    2019-12-26

    六甲山名物ジンギスカン料理専門店 2020年1月中旬からリニューアル工事する

    六甲山名物ジンギスカン料理専門店 2020年1月中旬からリニューアル工事する 六甲山観光株式会社(本…

情報提供

LINE@はじめました

KOBE Total Pressチャンネル

ページ上部へ戻る