眼鏡越しの風景 EP12‐習慣‐

[白ごはんを守る会:会員番号1]

ごはんが大好きな私。
人にはあまり話していない自分ルールがある。
食事の始まりから、終わりまで、白いごはんを守るという自分の中の鉄の掟だっ。

子供の頃、大好きだったふりかけも
大人になってからのごはんのお供、明太子や納豆も、ちょこんとお茶碗の端にのせ、のせた部分は一気に回収し、口へ運ぶ。
そのあとはまた、何事もなかったように、白い世界がお茶碗に戻る。
物心ついた頃から、おかずというカテゴリーのものとごはんをお茶碗の中で混ぜるということが出来なかった。
(マイルール上、口の中で合流させるのはOK)

丼の食べ方のこだわりもなかなかで、親子丼やカツ丼など食べ進めた後、器の底に残る出汁に、ごはんがチャプチャプ少し浮いているのがどうも苦手だ。
ごはんには、カツや卵がまとっている出汁のみで充分なのだが、それでも出汁をまとった具材の汁がごはんに染みてこないうちに、急いで食べる。
それもあり、丼はとても早食いになってしまうのが悩みの種であるが、考えた末これが最善策。ちなみに別皿にもらえばという意見もあるが、それはもはや丼ではない。

先日の会食、焼肉店で事件は起こる。油断している隙に「お肉焼けましたよ~」と、焼き網からダイレクトにタレ付き肉を、汚れなき白ごはんの上に、のせられてしまったのだ。

「あっあっ…ありがとうございます。」と、顔を引きつらせながら微笑み、内心は固まっていた。漫画なら、上から下にカチカチカチカチッと石像化、ガーンと倒れる描写シーンだ。
「わっわっ私の聖域、白ごはんにぃー!なんてこったーーっ!」
先方は取引先、もちろん「お肉はのせないでくださいっ」と言えるわけもなく…

急いでタレに侵された領域をお肉ごとお箸で一気に回収、大きな口でパクリ。
ごはんへのタレの浸食を阻止、「間に合った…」安堵感と、口の中に広がる焼肉とごはんのゴールデンコンビの出逢いに、恍惚の笑みを浮かべる。
そして再び、お茶碗の中には平和が戻る。
それにしても、なかなか油断ならぬ会食であった。

日夜 白ごはんを守りながら、今日もお茶碗片手におかずを少し、ごはんを少しすくって口へ運ぶ。
これが私のマイルール。

♪My Favorite Song
日本の米は世界一 打首獄門同好会

yukko

投稿者プロフィール

眼鏡と帽子がトレードマークのボーカル yukkoです。

邦楽カバーとオリジナル、ピアノ&ウクレレ弾き語り
新開地音楽祭やラジオ出演等 神戸を拠点に活動中。

作詞やエッセイ、言葉を調べたり、書きものが好き。

眼鏡越しの風景を、徒然なるままに…。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Language

ピックアップ記事

  1. みなと花火

    2019-12-10

    第50回みなとこうべ海上花火大会は10月31日に決定

    第50回みなとこうべ海上花火大会は10月31日に決定 1971年より神戸港で開催している「みなとこう…
  2. ビーナスブリッジ

    2019-1-30

    【神戸の豆知識】ビーナスブリッジの名前の由来「金星台」で観測された天体現象は次回2117年まで見る事ができない!

    ビーナスブリッジの名前の由来「金星台」で観測された天体現象は次回2117年まで見る事ができない! 金…
  3. 2020-2-4

    兵庫の味『ポテトチップス いかなごのくぎ煮味』が発売

    兵庫の味『ポテトチップス いかなごのくぎ煮味』が発売 カルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取…
  4. 2020-2-2

    Mop10:にせもの

    「にせもの」というと、マイナスなイメージがあります。 人間関係でいうそれは特に。 社交辞令の笑顔…

情報提供

LINE@はじめました

KOBE Total Pressチャンネル

ページ上部へ戻る