眼鏡越しの風景 EP4‐夜光‐

奏 文太郎(カナ ブンタロウ)
私は、彼らのことをこう呼んでいる。

この夏、救出したカナブンたちは7匹。
まさしく、飛んで火に入る夏のなんとかなのだ。

毎日通る歩道の両側に、モルタル塗装の浅い溝がある。
そこは夜になると、外灯に引き寄せられて迷い込んだ彼らが、ポトンと落ちる奈落。

自慢の天鵞絨光沢の硬い背中が、塗装で滑る。
そして、起き上がれず、天を仰いだまま力尽きて屍となるのだ。

通勤で忙しい朝、今朝も2匹連続で、足をバタバタ動かし起き上がれないでいる。
彼らはいつから何時間こうしているのだろうか。
ここで見過ごせば、私が帰宅する頃にはきっと死んでしまう。

そーっと人差し指を近づけてみる。
ギュッと六本脚でしがみつき、握り返す力には安堵の様子が伺える。

妙な使命感から始めた、夏から秋に駆けての朝活救出パトロール。
もう、かれこれ5年ほどになる。

日本昔話に出てくる竜宮城に招待した亀やはたを織る鶴も然り。
カナブンたちよ、そろそろ恩返しがあっても、いい頃じゃなかろうか…

秋の夜長、虫たちの声をぼんやり聴いていると「オンガエシニキマシタ」
小さな声が聴こえたような気がして、窓をそっと開けてみる。

そこに居たのは、天を仰ぐ8代目 奏 文太郎

どうやら「タスケテー!」という空耳だったようだ。

♪My Favorite Song
真夏の夜の匂いがする あいみょん

yukko

投稿者プロフィール

眼鏡と帽子がトレードマークのボーカル yukkoです。

バンド独自の洒落たアレンジで邦楽・洋楽カバーとオリジナル曲、
新開地音楽祭やラジオ出演等 神戸を拠点に活動中。

眼鏡越しの風景を、徒然なるままに…。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Language

ピックアップ記事

  1. ポートタワー

    2019-1-15

    【神戸の豆知識】神戸に2つのタワーが存在していた!

    大正時代に神戸市の湊川公園に建てられた展望塔「神戸タワー」 神戸タワーは大正13年(1924年)に湊…
  2. 神戸牛

    2019-1-9

    【神戸の豆知識】神戸牛っていう牛は居ない!!

    神戸牛の特徴 神戸の人ならみんなが知っていると言ってもいい神戸牛はサシ(脂肪)が筋肉の中に細かく入り…
  3. みなと花火

    2019-12-10

    第50回みなとこうべ海上花火大会は10月31日に決定

    第50回みなとこうべ海上花火大会は10月31日に決定 1971年より神戸港で開催している「みなとこう…
  4. 神戸地どり屋

    2018-11-29

    JR神戸駅から徒歩2分で焼き鳥の美味しいお店「神戸地どり屋」に行ってみた

    JR神戸駅の北側で徒歩2分で行けるコスパ最高の焼き鳥屋さん神戸地どり屋に行ってみた。 大将の人柄がよ…

情報提供

LINE@はじめました

KOBE Total Pressチャンネル

ページ上部へ戻る